年間千冊スズキツバサ

年間千冊スズキツバサ

なんと年間1,000冊の本を読むんです(キャー凄い!)

絶対に就職する方法!あなたは4月には働いている!

就職試験を控えているあなたへ

今回は就職を控えている高校生、大学生、その他の人に役立つ情報を提供しようと思います。

 

まず高校生の皆さんは校内選考という第一関門がありますよね?希望する会社を決めても内申点やテストで自分より優れたライバルがいれば第一志望の面接にはいけないかもしれません。

 

これは、、、がんばってください。テストでいい点を取るコツはまた書きたいと思います。

 

もちろん成績がすでに決定している人や校内選考が済んでいる人はどうしようもないのであきらめてください。

 

そういうと冷たい気もしますが、選考でおちた人たちも落ち込む必要はまったくないです。

 

と、いうのも有名企業だから良い会社とは限らないし、働いてみないとわからないこともかなり多いからです。入社してみたら求人情報と話が違うということはよくあります。

 

私の周りでもボーナスが事前の情報より少ない。残業が多いとかはよくあります。

ひどい話だとは思いますが、事前にそういう情報が得られるとは限らないですからね~

 

そういうときは上司や経営者とディベートで戦ってみてください。

 

面接に受かるための技術

さて、前置きが長くなりましたが、就職の第二関門、面接の話です。

 

面接の合否は何で決まると思いますか?学歴?やる気?能力?

 

皆さん驚かれると思いますが、好感度です。それも最初の2秒間で決まるということが分かっています。

 

また、身長が高いほうが知性的で能力が高いようにみえるんです。実際に心理学者が180cmの人と165cmの人を30年間追跡調査した結果。平均で16万6000ドルの収入の差がありました。

 

身長はすぐには変わらないので、革靴の底がなるべく高いものを選ぶことで能力を高く見せることが大切です。

 

ネクタイの色でも良い印象を与えることができます。政治家のネクタイの色を見てみてください。赤のネクタイをつけている人が多くないですか? これは赤い色に権威を想像させる効果があるからです。

 

あなたもありがちな青いネクタイよりも赤いネクタイで面接に臨んでみて下さい。