年間千冊スズキツバサ

年間千冊スズキツバサ

なんと年間1,000冊の本を読むんです(キャー凄い!)

くびれ美女はやはりモテるようです

 

 

 

 

 

 

こんばんは。スズキツバサです。

自分磨きでトレーニングをしている女性の方も多いと思いますが、男受けを目指すなら、是非気にしてほしいポイントがあります。

 

それはくびれです!

 

この女性を見てください。

what a waist!   IMG_1887bs-solo

かなりくびれていますね~

 

これほどの身体を持っているならかなりモテるだろうと推測できます。

 

というのにも、根拠があります。

 

WHR(ウエストとヒップの比率)が身体的魅力に大きな影響を与えることが、1993年のシンの研究で明らかになっているからです。

 

研究では、歴代のプレイボーイのセンターの女性のプロポーションを調べました。すると、体重は年代別に大きく下がっているのにも関わらず、WHRは0.7できわめて安定していることが分かりました。

女性の線画をみせた実験でも、体重の大小に関わらず、やはりWHR0.7が一番多くの評価を得ました。

しかし、魅力度はWHRが0.7のときをピークにどんどん下がってしまうので、やせすぎはもちろんモテません。

 

進化の観点からみたくびれ

なぜくびれがモテるのかは、進化の観点から説明することが出来ます。

 

最初の理由はくびれが妊娠しやすさのシンボルになっているからです。

 

 ウエストのくびれは、体内の女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の影響で作られることがわかっています。

 

実証的にも、WHRが0.8以上の女性よりも、WHRが0.8以下の女性の方が、妊娠しやすい事が分かっています。(ザードストアら、1993)

 

第2の理由として、ウエストのくびれは、現在その女性が、妊娠可能な成熟状態であることをあらわすシンボルになっていることがあげられます。

 

ウエストのくびれは、初経前には生じません。また、閉経後はくびれが消滅します。

 

↑これは全然知らなかったですね。がんばってもくびれが出来ない人は当てはまっているかも。

 

もし男性の側がウエストのくびれに無頓着だと、初経前あるいは閉経後の固体を配偶者として選択してしまう可能性があります。

そのため、くびれを配偶者選択の手がかりに使用した男性は寄り効率的に自分の遺伝子を残すことが出来たわけです。(マーロンら。2005)

 

第3の理由は、ウエストのくびれが現在妊娠していないというシグナルになっているからです。ウエストがくびれてない場合はすでに妊娠している可能性があります。妊娠するとウエストのサイズは当然大きくなるからです。(ギャラップ、1982、長谷川と長谷川、2000)

 

第4の理由は、ウエストがくびれて、ヒップに脂肪がついているという事が、妊娠継続や授乳などの育児能力の高さを示すシグナルになっているからです。これはこの部分の脂肪が妊娠や授乳のためのもので、それ以外の目的ではあまり消費されないからです。(エトコフ、1999)

 

このような理由から、より能力の高く、妊娠可能な女性を選ぶために、進化のなかで男性は女性のくびれに注目し、魅力的にみえるような傾向が形作られていっただと考えられています。