年間千冊スズキツバサ

年間千冊スズキツバサ

なんと年間1,000冊の本を読むんです(キャー凄い!)

タバタトレーニングこそ究極のトレーニング

おはようございます。スズキツバサです。

アメリカのプロアスリートが多く行っているトレーニングに「タバタトレーニング」という日本発のトレーニングがあります。

日本の一般人にはいまいち浸透してないようですが、アメリカでは「TABATA」が一般名詞化されているほど、認識されています。

youtubeで「TABATA」と検索するとたくさんの動画がヒットします。


4 Minutes TABATA Group

残念ながら、海外の動画では、タバタトレーニングが、間違った方法で行われていることが非常に多いです。

日本人では、長野オリンピックで金メダルを獲得した、清水宏保選手や、総合格闘技で第8代修斗ウェルター級王者に輝いた、川尻達也選手など、世界のトップレベルで活躍した選手も、タバタトレーニングを取り入れていました。

タバタトレーニングの効果

無酸素性エネルギー(酸素を使わずできるエネルギー)供給系と、有酸素性エネルギー(酸素を使ってできるエネルギー)供給系を、鍛えるには最も効率の良いトレーニングだということが分かっています。

つまり、身体能力をめちゃくちゃ効率的にあげることができるんです。

 

タバタトレーニングのやり方

20秒高強度で動いて、10秒休憩を、8セットというのが基本的なルールです。所要時間は4分です。かなり強度が高いので、しっかりウォーミングアップやクールダウンの時間はとってください。

酸素を使い果たして、さらに追い込むことが必要ですので、大きな筋肉を使う動きを取り入れましょう。ジャンプスクワットがおすすめです。

他にも、固定式自転車やバーピーでもいいです。

運動はなるべく大きくダイナミックに、そしてスピーディーに行ってください。1セット中での回数をなるべく多くしてください。

タバタトレーニングはかなり強度が高いので、1日に1セットしか出来ません。

その1セットだけで限界まで追い込みます。疲労困憊の極みです。

プロの選手のなかには吐く人もいるらしいです。

もし、4分間のトレーニングが終わった後に、立ち上がることが出来るようでは限界まで追い込めてないということになります。

普段運動をしてないという人は、そこまで追い込めないでしょうが、70%ほどの強度でも効果はしっかり出ます。

しかし、効果はやはり下がってしまうので、限界まで追い込むことを目標にしてください。

 

有酸素性能力を向上させるためには週2回のタバタトレーニングを、3週間ほど行うことでかなり効果を出すことが分かっているので、腹をくくって短期的に取り組んでみてください!