年間千冊スズキツバサ

年間千冊スズキツバサ

なんと年間1,000冊の本を読むんです(キャー凄い!)

赤い服を着ることはメリットしかない

こんばんは。スズキツバサです。

今回は赤い服を着ることのメリットの話です。みなさんどんな色の服を良く着ますか?

白、黒という服は着やすいので私も良く着ますが、赤い服を着ることですごいメリットを得ることが出来るんです。

女性が着るとモテる

女性が着ることで得られるメリットは、男性にモテるということです。

女性が赤い服を着ると、セクシーに見えて男性の性的欲求をかきたてます。その結果男性が食いついてくるので、モテるという図式になるわけです。

そして、この効果が一番高いのが、ルックスが平均レベルの人です。

理由は簡単なのですが、すごい美人やおブスさんは、赤い服の効果よりも他の要因のほうが影響が強いからです。

美人は元からモテるので赤い服の効果をプラスしても天井効果であまり変わらない。

おブスさんでも悲観しないでください!

おブスさんが赤い服を着ても、魅力度は変わらないですが、男性の性的欲求を高める効果はあります!

男性が着てもやっぱりモテる

男性が着てもやっぱりモテます。

男性が赤い服を着ると、魅力的でセクシーに見えます。この効果は女性が赤い服を着る場合と同じですが、男性の場合はもうひとつ効果があって、支配性を連想させて地位が高く見えます。

政治家がよく赤いネクタイをしているのは、この効果を狙ってのことです。アメリカの大統領になるトランプさんも赤いネクタイを多用していましたね。

社交や商談で、支配性を高めたいときには赤いネクタイおすすめです!

スポーツで勝率が上がる

試合のときに赤い服を着ると勝率が上がります。

これは、イギリスの2人の研究者は1947年から2003年までのイングランドのサッカーチームを調べて分かりました。さらにコンピューターゲームの場合でも同じような結果が出ています。

理由としては、赤い服を着ることで自信がつき、相手には自信をくじかせる。そして、ベテランの審判員に、実力が互角の、テコンドーの試合を見せました、そして動画加工して赤と青の色を反転させると、ベテランの審判員の判定も赤いユニフォームが有利に変わってしまったんです!

このことで、赤いユニフォームは第三者である審判員にも影響を与えることが分かります。

もし、ユニフォームを選べるのなら、赤いものにするといいと思いますよ。

 

この本読めば色の効果や匂いの効果が分かります。