年間千冊スズキツバサ

年間千冊スズキツバサ

なんと年間1,000冊の本を読むんです(キャー凄い!)

体幹トレーニングで本当にインナーマッスルが鍛えられるのだろうか?

おはようございます。スズキツバサです。

プランクというトレーニングが流行っていますね。

Plank

 

このように身体をまっすぐ伸ばして、体幹を鍛えるトレーニングなのですが、まず体幹とはなにかを考えてみます。

一般的には、スポーツなどで身体のバランスを保つためのインナーマッスルというような認識でしょうか。

しかし、ここに少し誤認があります。

インナーマッスル=スタビリティマッスル?

スタビリティマッスルとは、プランクのような身体を固定させるトレーニングで鍛えられる筋肉で、身体のバランスを保つために働きます。

一般的にいう体幹トレーニングは、プランクのこと。そして、プランクで鍛えられるのは、インナーマッスルではなく、スタビリィマッスルだと言えます。

とはいっても、スタビリティマッスルのほとんどはインナーマッスルなので、インナーマッスル≒スタビリティマッスルともいえるので、世間一般的な解釈も間違いとは言えません。

プランクをやってみよう!

能書きを述べてすっきりしたところで、プランクの効果をみていきましょう。

前述したとおり、バランスを保つ筋肉が鍛えられるのですが、姿勢がよくなったり、お腹をへこませてスリムな身体に近づくという効果も期待できます。

Slim

女性の方の間では、「30日プランクチャレンジ」といって、様々なプランクのなかから毎日一つを選んで、徐々に強度や時間を延ばしていく方法が人気になっているようです。この動画では100個のプランクのメニューが紹介されているので、参考にしてみてください。

 

プランクのコツとしては、常に腹圧を掛けることです。この点だけ意識して、正しいフォームで続ければ必ず効果は現れます。私もプランクは続けているのですが、トレーニング後は姿勢が自然に良くなるし、お腹周りにかなり変化がみられますよ!

道具がなくても気軽にできるプランク。おすすめです(--)