年間千冊スズキツバサ

年間千冊スズキツバサ

なんと年間1,000冊の本を読むんです(キャー凄い!)

ガリガリとデブで早く良い身体になれるのはどちらか?

 

fats thins

 

          

 

Muscle daddy

 

長年論争を巻き起こしているこの問題...

 

いったいどちらなのでしょうか。それぞれの優位点と劣位点とを比較してみましょう。

3つの体質に分ける

人の体質は大きく分けて3つのタイプに分けられます。

 http://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/15802233_153158895172803_5042899807232851968_n.jpg?ig_cache_key=MTQyMzI4Njg3MDM4MTI2MTczNg%3D%3D.2

 

ストライクHMB

  1. Ectomorph(外胚葉型)
  2. Mesomorph(中胚葉型)
  3. Endomorph(内胚葉型)

痩せ型の人は一番左の外胚葉型(ハードゲイナー)である場合が多いですね

なぜなら栄養吸収率が悪く、食べても太りにくい体質だからです

そのかわり筋肉は付きにくいです

 

真ん中の中胚葉型が筋トレには最適でイージーゲイナーといわれています。筋肉が最も付きやすく脂肪もつきにくいという最高の特性を持っています

 

右端の内胚葉型は代謝が遅いのでもっとも太りやすいが筋肉もある程度付きやすい。太りやすいということは太っている人はこのタイプが多いとも言えるでしょう

 

実際大きく3つの体質に分けられるとはいっても完全に分けることは不可能なんですけどね

↓のサイトで簡単なアンケートに答えることで自分がどのタイプに近いかを知ることが出来ます

www.bodybuilding.com

私は内胚葉型が50%、中胚葉型が38%、外胚葉型が13%でした

筋肉は付きやすいほうですね

ガリガリの場合

Untitled

ここでいうガリガリとはもちろん筋肉が少なく、脂肪も少ない状態を指します

仮にこの人を外胚葉型だとすると栄養の吸収が悪いので、筋肉は付きにくいですよね

しかし、脂肪もつきにくいのでそれは充分メリットです

筋肉を増やす期間を増量期といいますが、この期間はカロリーを多く摂る事で筋肉も脂肪も付けていきます

この時に脂肪が付きにくいので減量も楽だし、体脂肪率を比較的低く保つことでPレシオの関係で筋肉を効率良く付けることができるようです

 

※Pレシオについてはこちらのサイトを参考にさせていただきました。

デブの場合

Fat Alger!

お次はデブの優位点。デブは内胚葉型だと仮定すると筋肉は付きやすいし、体重が重い分足の筋肉も発達していると考えられます。

よって、同じ運動量だとするとガリガリよりも筋肉量はかなり多いでしょう。

しかし、今回は筋肉量の比較ではなく、どちらが早く良い身体になれるかを考えているので、デブはやせる必要があります

効率的に筋肉量を増やすためにもまずやせてから筋トレをするべきでしょう。

しかしやせることでどうしても筋肉は落ちてしまいます。

結論

中胚葉型のガリガリが最強。

普段の運動量が同じだとすると、こうなりそうです

Pレシオの関係で筋肉が付きやすい状態からスタートできるし、筋肉が付きやすく、脂肪は付きにくい。減量も比較的楽。パーフェクトです

 

逆に最弱は外胚葉型のデブでしょうか

筋肉量は少ないし付きにくい、効率よく筋肉を付けるためにはまず痩せる必要もあります

 

実際多いのは外胚葉型のガリガリと内胚葉型のデブでしょうが、ここは目指す場所によると思います

コンテストに出るようなコンディションを目指すなら絞りやすいガリガリ、一般的に強そうな身体を目指すならデブといったところでしょう!

 

ストライクHMB