年間千冊スズキツバサ

年間千冊スズキツバサ

読書をしながら筋トレしています

筋トレは全身バランスよくすると楽しくなる

 女性ならくびれたウエストにキュッと引き締まったお尻

 

男性なら厚い胸板にボールが入っているかのような力こぶが魅力的ですが、それだけでは格好良い身体には見えません!

 

僕はそう思います!世間的にはがりがりの細マッチョ?が人気を集めているようですけどね...

 

ほとんど皆さん異性受けを気にしていない

でも男受けがどうかとか、女受けがどうかとかあんまり気にしてないですよね皆さん!

 

男が「少しふっくらしているほうが可愛いよ」といっても女は年中ダイエットをしているし

 

女が「ジャニーズみたいな体型が好き」といっても男(トレーニー)はひたすら身体を大きくし続けます

 

そう

人は異性受けよりも自分の理想の体型を追い求めるものなのです!

 

僕の場合はなで肩のせいで中学のスポーツバッグがずり落ちてしまっていたことや、自分の身体を鏡で見て貧相で情けなくなったことが筋トレを始めた理由だったと思います

 

今の目標はこの身体↓

異性受けはどうかな...

同姓受けはかなりよさそう!

f:id:suzukitubasa2:20161223175210j:plain

狙った部位に効かせるということ

私が筋トレを始めたのは中学生の頃でしたし、トレーニング器具も知識も全然無かったので、とりあえず自重でできる腕立て伏せや腹筋から始めました

 

とはいっても僕は真面目な性格でして、正しいフォームをきちんと調べてから始めました

するとどうでしょう!初めての腕立て伏せで大胸筋に効かせる事が出来たんです!

 

これは今思うと凄いことだと思います!

 

大胸筋に効かせる腕立て伏せは結構難しいんですよ

 

それで味をしめた僕は筋トレにどっぷりはまっていったわけです!

 

僕の体のバランスが悪いだと...!?

bork my arm.


あれは家族で旅行に行ったときでした

 

親父と温泉に入ったときに親父が僕の身体を見て一言。

 

親父「ツバサ、腕太すぎてバランス悪いぞ」

 

 

僕「...まじすか」

 

という感じで身体のアンバランスさを指摘されたんですよ

中学生だったので周りに筋トレしている人もほとんどいないし、その中では鍛えているほうだったので自分は良い身体をしていると思っていました

 

この言葉はかなりショックでしたが、バランスの大切さを認識しだすきっかけになりました

 

僕は当時握力のトレーニングにはまっていて体幹部分はほとんど鍛えてなかったんです

 

結果前腕だけ極太(全身のバランス的に)で他はかすかすの身体になってしまっていました

 

大胸筋の種目である腕立て伏せも、いつの間にか腕に効くフォームになっていたようです

 

バランスを追求しだす

だんだんと全身を鍛えるようになっていくにつれ、どんどん筋肉のバランスは良くなっていきました

 

すると当然すごい楽しくなってきました

 

結果が出ているわけですからね!

 

しかし...

どうしても弱点部位というのは出てしまいます

 

肉体美を競うボディビルダーのトップレベルにいる方たちですら弱点部位があり、他部位に比べて発達が追いつかないことはよくあることです

 

まあ僕なんて本業の方に比べたら大人と赤子位のレベル差なんですが、私は胸筋が弱点でしてなかなかうまく効かせられていません

 

なるべく軽い重量で効かられるようになれば上手く効かせられると思うんですが、腕が体幹に比べて強いので頼ってしまうんですよね... 

 

でも上手くいかないことを克服していくのも楽しいからOKです!

 

筋トレの効果が実感できないときは種目を変えるべき

 

僕が胸筋を鍛え始めてすぐに効果が実感できたことではまっていったように、

効果が実感できるかどうかが筋トレもとい様々な健康法やダイエットを継続するためには不可欠だと思います

 

また僕の場合は腕立て伏せで効果を実感できましたが、同じように腕立て伏せをしても効果を実感できない人もいることでしょう

 

人は誰でも苦手な動きがあるためそれはしょうがないことです

 

元々の骨格やスポーツ経験も大いに関係することでもあります

 

そこで、トレーニングで効果が実感できない場合は違う種目を試してみることをおすすめします

 

力こぶをつくる上腕二頭筋の種目である、アームカールなどは効果を実感しやすい種目でしょう

Fitness Gym Workout Weight Strength Training - Must link to https://thoroughlryeveiwed.com

前述したとおり最初のうちはなるべく軽い重量、ほとんどの種目では自重からはじめて、狙った部位に効かせる感覚をつかむ練習をすることで筋トレの効果も実感できるようになると思います

 

効果が実感できたらしめたもの!

 

楽しくなってどんどん知識を身に付け、ダンベルやバーベルに愛情を感じるようになるでしょう。

 

そして

 

人生のすべてを筋肉に捧げるモンスターが誕生するのです

 

 

www.suzukitubasa.com

 

www.suzukitubasa.com

www.suzukitubasa.com