年間千冊スズキツバサ

年間千冊スズキツバサ

年間1,000冊位の本を読みます

歴史が嫌いでたまらない~不正確すぎじゃね?~

完本 聖徳太子はいなかった (河出文庫)

歴史が嫌い

 

学校で日本史とか世界史とか習うじゃないですか

 

だってさ

 

間違い多すぎじゃね?

 

 

聖徳太子っていたのいなかったの?

聖徳太子はぶっちゃけいなかった

 

と言う話はテレビでもよく言っていたし

 

実際教科書から姿を消しました

 

しかし...

 

 

 

最近復活したんですよね~笑

 

 

もうわけわかんねー!

 

 

 

1192つくろう鎌倉幕府は不正解?

他にもその語呂の良さから

 

全国の小中学生を席巻した

 

「良い国(1192)つくろう鎌倉幕府」という鎌倉幕府の成立年の覚え方

 

あれも今では使えなくなっているのです(うそ~~~!)

 

最近の教科書では1185年に変更されているのですよ!

 

理由としては

1185年に守護・地頭を置いてことで実質的に新幕府が誕生していたという考えが主流になったからみたいです

 

 

なんだそれ!

 

実質的にって!

 

実質的にって!

 

 

 

基準あいまいじゃん!!

 

 

モヤッとする

そういう歴史学者の見解に左右されるところが

 

僕の心をモヤッとさせるのです

 

 

例えばですよ

 

僕が歴史を勉強してめちゃくちゃ覚えますよね

 

それで

 

当然会話のすきを見ては知識をひけらかしますよね

 

でも

 

それ変更になったんだよ?とか言われちゃうわけですよ!

 

 

そもそも何百年、何千年も前のことなんて不正確で当たり前

 

そんな間違いだらけの歴史という教科を勉強する気になるか?

 

 

 

 

 

ならない!!

 

 

 

PS.

学生の方は成績のために勉強するのが良いと思います