年間千冊スズキツバサ

年間千冊スズキツバサ

読書をしながら筋トレしています

役立つ初期仏教法話(アルボムッレ・スマナサーラ著)を紹介するよ 

僕はこの本に出会ってからものの考え方が結構変わり、なんだか生きやすくなったように思います

役立つ初期仏教法話はシリーズもので全13作品かな?

怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)

アマゾンのオーディオブックサービスである「audible」で聴きましたが、kindleアンリミテッドにもあるし、本も中古で出てるのでお手軽ですよ

初期仏教とは?

初期仏教=テーラワーダ仏教

こう聴いても聴きなれないかもしれませんね

この本を読むまでは僕も恥ずかしながら知りませんでした

僕は前々から釈尊の教えを体系化したものである仏教に、いくつも宗派があるのはおかしいと思っていました

大抵の日本人に当てはまる思いますが、僕も宗教というのに胡散臭さを感じて避けていたんです

仏教の宗派は釈尊の教えの解釈の違いで分かれたとも言われていますが、なんだか釈然としませんしね

そんな中で初期仏教は僕の知る限り最も釈尊の教えに近く、忠実な仏教です

初期仏教を端的に説明すると、宗教ではなく釈尊の教えの通りに生きるための人生哲学という感じですかね

アルボムッレ・スマナサーラとは?

この本の著者、アルボムッレ・スマナサーラさんについても軽く触れましょう

彼はスリランカの僧侶で仕事で日本に来て、そのまま日本で布教活動をしているお坊さんです

日本語でもかなり多数の本を出しています

詳しくはwikiで↓

アルボムッレ・スマナサーラ - Wikipedia

否定派も多い

彼の本は凄く分かりやすくて、現代生活の問題点を指摘し、心穏やかに生きるための方法を教えてくれます

しかし日本でたくさんの支持を受ける反面、否定派も多いんです


彼は

  • 言葉遣いが荒い
  • 他人、他宗教へのヘイトが非常に多い
  • 本を何百冊も出しているが内容がかなり被っているのでお金儲けが目的だろう

という批判です

役立てられたら良い

彼は悟ってないし、完璧な人物ではないと思います

しかし日本人には新鮮な釈尊の教えを紹介してくれているし、著書も初心者に分かりやすい内容です

 

僕は彼の主張に説得力を感じるし、たくさんの知識を得る事が出来ました

仏教に詳しい人には色々思うことがあるのでしょうが、彼の著書を読んで知識を得たり、生きやすくなるという恩恵を得られる人は多いと思いますね

僕は15冊ほどをのべ100回ほど読みましたし、かなり熱中していた時期には1日で5冊ほど読んだこともありました

100回読んだよ

正確に言うとオーディオブックで聴いたのですが

audible(オーディブル)というアマゾンのサービスがあって、1ヶ月無料で使えるんです

プライム会員なら3ヶ月無料(無料期間が過ぎると自動で1,500円/1ヶ月の有料会員に切り替わるので注意!)

これで聴きましたね

3倍速までしか速く出来ないので物足りませんが、暇なときにちょこちょこ聴けば1日3冊くらいは聴けるものですよ

3ヶ月経つ前に聴きたい本がなくなりましたけどね

この本のシリーズが10冊位あるのでそれだけでも登録する価値ありました(タダだし)


彼の著書は普通に面白いですからハマル人はハマルと思いますよ

 

FeBeというオーディオブックサービスもおすすめです

www.suzukitubasa.com