年間千冊スズキツバサ

年間千冊スズキツバサ

読書をしながら筋トレしています

腕の筋肉の付け方と名称に対する疑問

f:id:suzukitubasa2:20180413184458j:plain

↑まあまあ?

 

腕の筋肉の付け方...

腕の筋肉の付け方...

見ていきましょう。

 

腕の筋肉を言えば、

どこが思い浮かぶでしょう?

血管が浮きやすく、露出が最も多い前腕。

 

筋肉ポーズ(バイセップ)でもっこりする力こぶ(上腕二頭筋)。

 

そして、二の腕(上腕三頭筋)ですかね

それぞれの鍛え方をみていきましょう

前腕筋の概要

前腕は羽状筋という筋肉の形状をしており、20以上もの筋肉があり、横断面積あたりの筋力が...

と、

こんな説明をしてもほとんどの人にとってはどうでもいいですよね?

 

ようするに、前腕は力が強い!ってこと。と細かい筋肉がたくさんあるってことはチェックしてください

鍛え方

前腕の筋肉を鍛えるとなると、だいたい腕頭骨筋(わんとうこつきん)を鍛えることを指します

これは前腕の外側の筋肉で、発達するともっこりするので目立つ筋肉です

 

ハンマーカールをいう種目がポピュラーです

 

ダンベルを縦に持ってするダンベルのアームカールですが、注意点としては振り回さないことですね

肘をやや身体の前に出し、反動を使わずにゆっくり上げていきます。

 

肘を前に出すことや反動を使わないことで扱える重量は下がりますが、目的を履きちがえないことです。

重いのを振り回すのが目的じゃありませんよね?

筋肉を発達させるのが目的です。

 

重いのを振り回しても筋肉は付きません。

力こぶの概要

力こぶ=上腕二頭筋

 

実は上腕二頭筋はその名の通り、2つに分かれています。

 

長頭と短頭といいますが

 

バーベル(長い奴)の場合、手幅を狭くすると長頭(外側)に効く。手幅を広くすると短頭(内側)に効くと覚えてください(別に覚えなくて良い)

 

たまに手幅を変えるとバランスよく鍛えられて良いと思います。

鍛え方

上記で紹介したハンマーカールと特に変わりません。

反動を使わないように。

振り回さないようにしましょう。

特に重過ぎる重量を使いがちな種目なので、軽めの重量を使ったほうが良い場合が多いです。

回数多めにねちねちすると効果的だったりします。

 

二の腕の概要

二の腕=上腕三頭筋

 

なんで二の腕っていうんですかね?

じゃあ上腕二頭筋は一の腕なのか?って感じです。

 

ここは上腕二頭筋に比べて鍛えない人が多いですね。

(そもそも知らないっていうのが大きいと思います)

僕は中学生のころ身体を鍛え始めましたが、上腕三頭筋を知ったのは高校3年のときでした笑

 

力こぶや前腕は鍛えていたんですけどね~

 

ある日、ジム仲間に教えてもらったんですよ

「腕鍛えるには二頭の反対側鍛えると良いらしいで?」って

 

「へ~そうなん(そんなの邪道だ!)」とか思ってましたが、調べてみたら上腕三頭筋は上腕二頭筋の二倍弱もあるらしくてびっくりしました。

だってそんなの学校で誰も教えてくれなかった...

 

ってことで二の腕を鍛えると腕が太くなるよ!

鍛え方

上腕三頭筋の働きは、肘を伸ばすこと。

つまり、ダンベルをもって肘を伸ばすような動きをすれば良いんですね

 

トラセップスキックバックという種目がお手軽で良いと思いますよ

しっかり丁寧にやれば1kgや2kgのダンベルでも結構効きます。

これくらいの重量ならペットボトルとかでも代用できるのでお試しください。


上腕三頭筋の種目トライセップスキックバックのやり方を解説

 

まとめ

ハンマーカール、普通のアームカール、トライセップスキックバックなどでバランスよく腕を鍛えよう!

(反動使わないように)

上腕三頭筋を鍛えるとめっちゃ腕が太くなるから一番大事!