温泉卵もanovaなら超簡単にできる!

63℃に表示された低温調理器anova 簡単料理

真空低温調理機anovaシリーズ第2弾は

温泉卵!

卵は真空状態にする必要がなく、殻のまま調理できるのでとても楽です

今回はパックのまま作ってみました

第一弾は鶏ハムでした

低温調理器ANOVAで簡単操作で作る鶏ハムが感動的に美味しい!もう普通の鶏胸肉には戻れない!
僕ずっと欲しかったんですよ この料理器具! 低温真空調理器というやつでして 40℃~70℃くらいで30分~4時間とかで調理することでお肉やお魚をジューシーに調理できるという代物です 鶏ムネ肉って茹でても焼いてもパサパ...

温泉卵は低温調理がおすすめ

今回はanova公式のアプリに記載されている設定でやってみました

63℃で45分!

普通の鍋ならそんな設定はできませんが、anovaならお手の物!

スイッチオンでしばらく待ってるだけです

はいきました

63℃に表示された低温調理器anova

温泉卵をパックのまま調理してみた

今回調理するのは15個の卵

大きめのパックです

ずぼらの極みの調理法ですが、物は試しです。

上手くいけばパックから1個ずつ取り出す手間が省けて、保存もそのまま出来て万々歳!!

15個入りの卵のパック

これを

ドボン!

パックのままお湯に入れた卵

このまま45分待ちます

卵のパックのままだと変形する

あれ?

なんか開けてきた?

加熱することで空いてきた卵のパック

45分後

熱で変形した卵のパック

うわ!変形してます!

卵のパックは63℃でも変形するんですねーびっくり!輪ゴムで縛ったりしておけば形を保ってくれて良さそうですねー

anovaで作った温泉卵の仕上がりは???

はい、ドン!

美味しそうに出来た温泉卵

完璧〜

半熟卵と温泉卵の違いは?

まあほぼ一緒ですが、白身の部分が固まっているのが半熟卵、固まっていないのが温泉卵ということが多い気がしますね。

個人的には温泉卵の方が好きです。

ポン酢をつけてちゅちゅっと吸うと最高ですね!!

温泉卵は吸収が早い

卵は生だと3/2しか栄養が吸収が出来ません

なのである程度の熱を加える必要がありますが、ここで1つ豆知識

卵は熱を加えれば加えるほど吸収がゆっくりになるんです

だから、早く体に吸収したいときは半熟で、ゆっくり体に吸収したいときは固茹でにするのがおススメですよ!

温泉卵のカロリーは??

温泉卵のカロリーは60g(卵1個分)で91kcalのカロリー。 温泉卵は100g換算で152kcalのカロリーで、80kcalあたりのグラム目安量は52.63g。 たんぱく質が多く7.38g、脂質が6.18g、炭水化物が0.18gとなっており、ビタミン・ミネラルではセレンとビオチンの成分が高い。

温泉卵 – カロリー計算/栄養成分 | カロリーSlism

加熱したことで卵のカロリーが変わったりはしませんが

加熱したほうが栄養の吸収はよくなるので温泉卵おすすめです

僕は筋トレ後に2,3個を食べたりして楽しんでいます!!

まとめ

簡単に温泉卵や鶏ハムがつくれるanova!

おすすめ!

変換アダプタもないと動きません↓