筋トレの効果が出るまでの期間が3ヶ月っていうのはおかしい

お互いの筋肉を褒め合う男達 筋トレコラム

筋トレで効果を感じるためには3ヶ月かかると言われることが多いですが、僕はこれに疑問を持っています。

なぜなら、筋トレをはじめて、次の日には効果を感じられたから。

効果的な筋トレが出来れば、それくらい早く効果を実感できるんですよね。

だから、3ヶ月で効果が出るのは、誰がみてもわかる位身体が変化するという意味なら納得出来ますが、自分が効果を感じるまでの期間だと思っていると、3ヶ月経ってもほとんど結果が出なかったという事態にもなりかねません。

期間に関わらず、少しでも効果を感じられる事の繰り返しにこそ意味があります。

筋トレで効果を感じるタイミング

Muscle Monday

冒頭でも述べましたが、僕の場合は筋トレの翌日には体の変化を実感しました。

その時のことを詳しく話しましょう

中学生の頃、僕はがりがりでした。

特に胸板というものが一切なく、ぺらぺらの体をしていたんです。

まだ第二次性徴が来ていないので、筋肉がついていなくても当然といえば当然なんですが、僕にはどうしても耐えられませんでした。

鏡をみるとぺらぺらの身体の自分が立っている。

これがとにかく悔しい。目を背けたくなります。

しかし、目を背けていては何も変わりません。問題を先送りにしても心のどこかでは劣等感が付いて回ります。

そこで筋トレです。

それまで筋トレをしたことがなかったので、とりあえず検索しました。

「胸筋 筋トレ」とかですかね

すると出てきたのは、ウェイトトレーニング。

その中でも、ベンチプレスなんかはハードルが高いと思ったし、やるところも知りませんでした。

結局、腕立て伏せで鍛えられることが分かりました。

鏡でフォームをみるといいと書いてあったので、鏡の前に移動して、裸になり、ひたすら腕立て伏せをしました。

肩甲骨を寄せて、肩を下げる。

上げ下げ上げ下げ。

胸の筋肉を使っている感覚を意識する。

最初は上手くできないのは当然ですが、フォームをとにかく意識することで、胸の筋肉を使っている感覚を持つことが出来ました。

腕立て伏せがもう一度も出来なくなって、へとへとの状態で鏡をみたとき、そこには胸の筋肉が少し膨らんだ自分がいました。

腕立て伏せをやる前の自分とは明らかに違います。

今までの劣等感が吹き飛ぶような体験でした。

お金をかけずに、自分を追い込んだ努力の結果劣等感を打ち破ったのです。

もちろん1回の筋トレで理想の体に慣れるはずもありませんが、回数を重ねるうちにどんどん筋肉をつけられることは分かっていました。

僕は身体が細いことについて、このとき克服したのです。

パンプアップとバルクアップ-翌日

筋トレ直後の身体はパンプアップという状態で、普段の体よりも筋肉が大きくみえます。

これは筋肉量が増えたわけではなく、筋肉に水分なんかが流れ込んだだけなんですが、初心者は筋肉が増えたように感じるものです。

上記の僕の体験も単に胸筋がパンプアップしただけだったんですが、僕には強烈な体験でした。

だって、普通の生活していて胸筋がパンプアップすることなんてないじゃないですか。

それに、パンプアップは30分以内に収まるのが普通ですが、僕は翌日も胸筋が膨らんでいるのを実感していました。

僕の持論なんですが、初めての筋トレというのは効果が抜群で、めちゃくちゃ効果があると思うんですよ。一発で身体が変わるほどね。

これは各部位に言えて、胸筋でも上腕二頭筋(力こぶ)でも同じです。

でも、普段使う筋肉はそれなりに発達しているのでその限りではありません。

普段使っていない筋肉を鍛えた場合にすごく効果が出ると思います。

効果を感じるのに3ヶ月かかる?

Untitled

筋肉を付けたいと思っていても、効果を実感できなかったら続かないですよね。

効果が出なかったら続ける意味もないですし。

よく言われるのは「とりあえず3ヶ月続けたら効果が出る」というもの

これねえ、中学のときの経験があるので僕は全然信じていません。

3ヶ月でやっと効果が感じられる位っていうことは効率の悪いトレーニングしか出来ていないということだと思います。

効果を感じられない原因

誰から見ても分かるほど体の変化を目指すなら3ヶ月かかるかもしれませんが、1日、んー1週間位やっても全然効果を実感できないならどこかに問題があると思ったほうがいいです。

効果のないことを続けても意味無いですから

9割は筋トレが下手だから

まあ実際原因の9割はこれでしょう。

筋トレでは筋肉に効かせるということが必要です。

狙った部位の筋肉に疲労を溜めて、筋肉の痛みで続けられないような状態が理想です。

とはいっても最初は絶対に無理です。

いかに、効かせるフォームを追求するかが筋トレの効果に直結します。

負荷を逃がさないともいいますが、とにかくここを意識しないことには結果は出ません。

太っている

IMG_6705.jpg

これも、あります。

太っていると筋肉が見えないので、筋肉がパンプアップしても見た目で分からないんですよ。

筋肉が付いても脂肪に覆われていてイマイチかっこよくならないですしね。

てことで、太っていることのデメリットは

モチベーションが上がらないってこと

効果が実感できないと続けるのはつらいですよ。マジで。

僕が筋トレ初心者のころに太っていたら、まずは減量から入りますね。

でも減量でも筋トレはします。

減量食にするという意味です。

食べ物を変えるだけです。

 

ガリガリとデブの話↓

外胚葉型ガリやイージーゲイナーデブの内早く良い身体になれるのはどちらか?
↓ 長年論争を巻き起こしているこの問題... いったいどちらなのでしょうか。それぞれの優位点と劣位点とを比較してみましょう 外胚葉型、中胚葉型、内胚葉型の見分け方 人の体質は大きく分けて3つのタイプに分けられ...