バキの筋肉が実際に可能か考えてみた

バキ道のバキの闘技場入場シーン 筋トレコラム

大人気格闘漫画「バキ」シリーズ

全4シリーズあり、人類最強の男を目指す男達の格闘漫画ですが、今回はその筋肉にフォーカスして主人公バキの筋肉が現実的に可能かを考察します

アニメ版と漫画版で骨格が違いますが、今回は漫画版で考えました

アニメ版の方が日本人らしく現実的な体をしています

画像引用

スポンサーリンク

バキの筋肉の特徴

基本的には格闘家ではなくボディビルやフィジークの体型をしています

バキは168cmくらいの日本人ですが、骨格的には手足の長く顔の小さい黒人に近いです

首が顔の横幅より太い

ボディメイクでは首を鍛えることはまずないですが、彼は首がかなり太い

衝撃を吸収するためとか、パンチを繰り出すのに適しています

肩が非常にでかい

とくに肩がでかいのが特徴です

もちろん肩(三角筋)のバランスが悪いということはなく、まん丸です

前腕筋が規格外にでかい

これも大きな特徴だと思いますが、前腕の筋肉が異常に大きいです

それぞれの筋肉が発達していて形状もくっきり出ている

このレベルは実現不可能なレベルです

脚の筋肉

それぞれの筋肉が異常に発達している

ふとももよりふくらはぎの方が太い

このレベルは実現不可能なレベルです

腹筋の発達が良い

アブローラーで作ったような腹直筋で非常に発達している

腹斜筋は細かく描写されていない

上腕三頭筋はあまり発達していない

肩と前腕を目立たせるためだと思いますが、腕の後ろの筋肉「上腕三頭筋」はあまり発達していません

非常に身体の体脂肪率が低い

これだけの筋肉量を持ちながら、細かい筋肉がよく出ているので体脂肪率は10%以下です

これだけ絞れば力が入るシーンではストリエーションが出るはずですが、そこは描かれていません

ストリエーションは筋肉にはいるスジのこと↓

スポンサーリンク

バキに近い筋肉の人【リアルバキ】

簡単に「リアルバキだ!」とか言う人が多いですが、筋肉が発達していたらバキに似ているというのは早計というか、まあいいんだけど、なんだかな~と思ってしまいます

骨格的には黒人。simeon pandaとかlarry wheelsみたいな体です

SIMEON PANDA & LARRY WHEELS BIG SHOULDERS ROUTINE

日本人で言うと、肩がかなりデカくて絞れているとそれっぽく見えます

リアルグラップラー刃牙、シャイニーアザミ選手の肩トレーニング
スポンサーリンク

バキの骨格はかなり特殊で末端が長い

  • 前腕が上腕に比べてかなり長い
  • 膝上より膝下の方がかなり長い

という特殊な骨格をしています

腕の長さは一応分かるレベルですが、膝上より膝下が長い人はいないでしょうね

腕、脚が異常に長いシメオンパンダ↓

スポンサーリンク

結論-漫画版バキの身体は骨格的に厳しい

筋量的には可能なレベルですが、手足の長さは存在しないレベルです

前腕筋、ふくらはぎのそれぞれの筋肉の発達と太さも無理だと思います

それ以外は可能なレベルですね

肩と腹筋を重点的に鍛えて、首や前腕もしっかり鍛える

それに加えて体脂肪率を10%以下にすればかなり近い体をつくれるんじゃないかと思います!

あと、バキは毛が生えてないので、脱毛した方が再現度は高くなりますね

コメント